2018.06.14

道の駅やぶきブランド力強化及び仮設実験店舗事業支援業務【福島県矢吹町】

道の駅整備に向けて、地域商社設立に向けた事例調査を行い最適な整備・運営方式を検討した。仮説店舗事業の取組みでは町内の飲食店(大正ロマンの館)での農産物の出荷体制確立の実証や既存のイベント軽トラ市に参加して国道4号線利用者のニーズ調査と農産物・町内商工品のPR・販売実証を行うとともに、子育て支援施設(未来くるやぶき)における若年世代を対象としたアンケート調査を行った。また町内の高校生(光南高校)からアイデアを募ってスイーツの共同開発し軽トラ市での販売実証を行うとともに、町民や姉妹都市の三鷹市と連携した日本酒づくり、ブランド認証に向けた事例調査と地域の産品の掘り起こしを行い「矢吹ブランド認証制度」の制度設計の方向性を明らかにした。