2018.06.14

漁港周辺区域活性化のための地魚活用調査業務【西部漁港事務所】

小田原漁港を中心とした漁港区域の周辺地域を含めた活性化に資するため、集客のための一つのツールとなる「地魚を活用」した振興策についての新たな提案及びとりまとめを行った。地魚を活用した振興策の具体的な内容は、交流促進施設の整備を契機に小田原漁港西側エリアへの来訪者の増加が期待されること、観光客来訪の交通手段として、JRなどの電車の利用が期待されることを踏まえ、電車の利用者を主なターゲットとした商品開発の方向性を検討した。